北朝鮮が1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」の頃に、食糧増産のために全国に建設した複合微生物肥料工場のほとんどが、既に稼動を中断したとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

この情報筋によると、1996〜1997年にかけて咸鏡北道(ハムギョンブクト)鏡城(キョンソン)郡に建設された複合微生物肥料工場は、わずか1年で生産を中断し、今は空き地となっている。

北朝鮮のメディアは「我が国は複合微生物技術の先進国」「複合微生物技術と自然農法で食糧危機を解決するだけでなく、生態環境を保護することに大きな意義を持つ」と宣伝している。

しかし情報筋によると、全国各地に建設された複合微生物工場のほとんどが生産を取りやめた。金正日総書記の指示があったため、仕方なく1年ほど生産を行ったが、後はうやむやになり、今では廃墟と化している。

この複合微生物というのは、有用微生物の発見者である琉球大学の比嘉照夫教授が名付けた一種の自然農法だ。つまりEU菌だ。一部の韓国メディアが北朝鮮のこのような農法を好意的に扱ったが、韓国でも注目を集めていたせいだ。

北朝鮮では90年代半ば、穀類生産が急減したが、金正日総書記は土壌の酸性化が原因だと指摘した。それに従い、農業科学院などは、焼いた土、刈っておいた夏草、堆肥、土、化学肥料を混ぜたものなどを畑に撒く方法を取り入れた生産運動を展開した。

しかし、これと言った効果は現れなかった。業を煮やした金正日氏が次に指示したのが「全国的範囲で複合微生物肥料を大量に生産して、穀類の生産を増やしなさい」というものだった。

朝鮮総連から資材、資金を取り寄せるなどして、1997年6月に愛国複合微生物センターを完成させた。1年間で全国に100以上の複合微生物肥料工場を建設した。

複合微生物を作るには、飴粉が必要だが原料費が高いため、一般の穀物(トウモロコシと米)を使った。しかし、食べ物がなくて人が飢え死にする状況で、完成まで3年を費やす余裕はなかった。両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)市のEM菌工場、愛国複合微生物肥料工場で働いた経験を持つ脱北者のキム・ヨンファ(仮名)さんは次のように語った。

「1トンの発酵原液を作るのに350キロのトウモロコシが必要だった。1人分の1年間の食糧に当たる。1997年から2年間操業して、38トン以上ものトウモロコシを費やした」

「従業員は工場から特別配給をもらっていたが、それでもトウモロコシ粉から発酵液に至るまで、様々なものを盗んで横流しした」

「周りの人から『トウモロコシで肥料を作っているとは、本当か』と聞かれ、『そうだ』と答えると、皆一様に憤慨していた」

キムさんはさらに語った。

「微生物を生産したところで、運搬する車もなければガソリンもなかった。容器も破損したものが多く、液体なので畑に撒くのも大変だった」

キムさんは農場員に「3年経てば土の中で窒素を生む菌が育つ」と説明して回ったが、誰にも信じてもらえなかった。トウモロコシの供給が途絶え、生産したEM菌も消費者からそっぽを向かれたため、結局生産が止まってしまった。

農業の専門家は、北朝鮮の土壌が酸性化しているため、有機質の肥料が必要だと指摘する。

北朝鮮の農業科学院出身で勤務経験がある脱北者のイ・ミンボク氏は「1979年から土壌の酸性化が深刻になったため、金正日氏が対策を行うよう指示を下すほどだった。EM菌には改善効果があるかもしれないが、治山治水、化学肥料や有機質肥料の生産環境の構築など総合的な対策が講じられない限り、何の意味もない」と述べた。

このようなシステムの不全は農業にとどまらない。北朝鮮は未だに建前上計画経済を採用しているが、もはや機能していない。

内部情報筋は「複合微生物肥料が騒がれるようになったのは1996年頃からだが、効果がなかったため、1999年には消え去った」「平壌の愛国複合微生物センター、羅先(ラソン)の微生物工場などの大規模施設以外は、建物だけが残っている」と述べた。

北朝鮮がEM菌に関心を持ったのは、十分な堆肥と化学肥料を生産できないからだ。韓国政府は今年、北朝鮮に化学肥料を30万トン、来年には40万トン(協力基金1千511億ウォンを割当)を支援する予定だ。

金正日氏は2004年5月に至っても「全世界的に化学肥料の生産が、減少しつつある」として、微生物肥料の利用を強調したと労働新聞が報道した。盧武鉉大統領はこのような金正日総書記のことを「自らの体制に明確な所信を持っていた」と評価している。

    関連記事