北朝鮮が1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」の頃に、食糧増産のために全国に建設した複合微生物肥料工場のほとんどが、既に稼動を中断したとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

この情報筋によると、1996〜1997年にかけて咸鏡北道(ハムギョンブクト)鏡城(キョンソン)郡に建設された複合微生物肥料工場は、わずか1年で生産を中断し、今は空き地となっている。

北朝鮮のメディアは「我が国は複合微生物技術の先進国」「複合微生物技術と自然農法で食糧危機を解決するだけでなく、生態環境を保護することに大きな意義を持つ」と宣伝している。