人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の金正恩総書記の妹・金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党中央委員会副部長は2日、韓国の脱北者団体が北朝鮮に向けビラを飛ばしたことを非難する談話を発表し、「相応の行動を検討」するとして報復を示唆した。朝鮮中央通信が伝えた。

韓国の脱北者団体「自由北韓運動連合」によると、同団体は先月25~29日、京畿道と江原道の非武装地帯付近から、金正恩体制を非難するビラ50万枚と小冊子500冊、1ドル札5000枚をくくりつけた大型風船10個を北朝鮮へ向けて飛ばした。

こうした動きを巡って北朝鮮は昨年、南北対話を主張しながらビラ散布を阻止しない韓国当局に責任があるとして、金与正氏の主導で開城工業団地内の南北共同連絡事務所を爆破。

(参考記事:【写真】水着美女の「悩殺写真」も…金正恩氏を悩ませた対北ビラの効き目

そのような状況を受け、韓国では今年3月末、軍事境界線一帯での対北ビラ散布行為などに対し3年以下の懲役または3000万ウォン(約290万円)以下の罰金を科す改正南北関係発展法が施行されている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金与正氏は今回の談話でも、「南朝鮮当局は『脱北者』らの無分別な妄動をまたもや放置し、阻止させなかった」と指摘。「我々がどんな決心をし、行動を取っても、それによる悪結果に対する全責任は、汚いくずの連中に対する統制を正しくしなかった南朝鮮当局が負うことになる」と警告した。

    関連記事