人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の国防科学院は25日、新型の戦術誘導弾の試射を行った。朝鮮中央通信が伝えた。朝鮮労働党中央委員会の李炳哲(リ・ビョンチョル)書記が視察し、金正恩総書記は立ち会わなかったもようだ。

同通信によれば、新型戦術誘導弾は「すでに開発された新型戦術ミサイルの核心技術を利用して弾頭の重量を2.5トンに改良した兵器システム」であり、試射を行った2基の新型戦術誘導弾は、朝鮮東海上600キロ水域の設定されたターゲットを正確に打撃した」という。

また、「国防科学院は試射直後、今回の試射は確信をもって予定した通りに大変成功裏に行われたと指摘し、数回にわたるエンジン地上噴出実験と試射の過程を通じて改良型固体燃料エンジンの信頼性を実証したし、すでに他の誘導弾に適用している低高度滑空跳躍型飛行方式の変則的な軌道の特性も再実証したと明らかにした」としている。

日本政府は25日、北朝鮮が弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射したと発表。北朝鮮東岸から午前7時4分と同23分に発射。それぞれ約420キロ、約430キロ飛行したとしていた。

    関連記事