北朝鮮の両江道(リャンガンド)の大学は15日から「薬草休み」に入った。これは、大学が自らの運営資金と忠誠の外貨資金(国への上納金)を稼ぐ目的で、定期の休暇内の一定期間に学生を動員して薬草を摘ませる休暇のことだ。

両江道のデイリーNK内部情報筋によると、市内の学生は7月15日から31日までは「薬草休み」に入った。しかし、自らは薬草摘みには行かず、地方在住の学生に金を渡して、自分たちに科せられたノルマの補填を頼んでいる。

薬草休みは、2002年の7・1経済管理改善措置(7・1措置)以降に、対外貿易活性化を目指した貿易管理体系の改編によりできたもので、両江道や咸鏡北道など薬草が多い地域の大学で行われる。