人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

同通信の報道全文は次の通り。

「労働新聞」 来年の営農準備を抜かりなく整えよう

【平壌11月23日発朝鮮中央通信】23日付けの「労働新聞」は社説で、農業部門の活動家と勤労者が来年の営農準備にこぞって立ち上がり、農業生産を増やせる確固たる展望を開かなければならないと主張した。

同紙は、朝鮮労働党が提示した農業発展の5大要素をとらえて営農準備を力強く進めなければならないとし、次のように強調した。

朝鮮労働党の種子革命方針を体して、自分の単位の地帯的特性に合う優良品種を積極的に取り入れるための活動に優先的な力を入れなければならない。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

農業部門では、地力を高めなくてはいくらよい種子と先進営農方法を取り入れても効果を現すことができないということを銘記して、より多くの堆肥を生産することに力量を集中しなければならない。

営農準備をよく整える上で、水の確保もとても重要である。

これとともに、流失した農地を還元復旧する活動も一日も早く終えなければならない。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

農作業の機械化比重を高める活動は、時代と発展する現実の要求に即して農業生産を飛躍的に増やすための重要な問題である。

同紙は、みんなが来年の穀物生産目標の達成のための突破口を開いて、朝鮮労働党第8回大会を意義深く迎えようとアピールした。---

    関連記事