人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は4日、治山治水事業は「崇高な愛国事業」だとする社説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮では70年代から食糧増産のために、山に多くの段々畑を造成した。その結果、山が保水力を失って洪水が多発した。今年8月から9月にかけての深刻な水害被害の要因も、依然として治山治水事業が進んでないことが背景にあると見られる。同紙は先月にも治山治水事業の重要性を強調する記事を配信した。

社説は、「人民大衆を自然の拘束から完全に解放し、人民により文化的な生活条件を与えるには山を手入れし、川を改修するための活動に大きな力を入れなければならない」と述べた。

また、「治山治水活動は、金日成主席と金正日総書記の指導業績を末永く輝かし、祖国の山河を主席と総書記の念願が実現する社会主義理想郷に整えていく重要な事業である」と主張した。

そのうえで、「最高指導者金正恩党委員長の愛国献身の足取りに心臓の拍動を合わせて治山治水にこぞって立ち上がり、祖国の山河を労働党時代の錦繍江山に変貌させよう」と強調した。

    関連記事