人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は14日、全国民が朝鮮労働党に従っていると主張する署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

厳しい経済難が続く中、党への忠誠を促す意図があると見られる。論説は、「第一の国風は、全人民が党と領袖に対する忠実性を信念化、良心化、道徳化、生活化していることである」と主張した。

また、「全人民が党を絶対的に信頼して従うのは、朝鮮でのみありうる誇らしいシーンである」と述べた。

そのうえで、「歴史のいかなる挑戦も、敵のいかなるあがきも朝鮮労働党の革命思想を満装填し、赤い党旗に従って明るい未来に向かって嵐のごとく突き進む朝鮮人民の闘争速度を絶対に遅延させることはできない」と強調した。

    関連記事