人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の崔善姫(チェ・ソニ)第1外務次官は4日に談話を発表し、一部で取りざたされている米大統領選前の首脳会談について、米国とは「対座する必要がない」として可能性を否定した。朝鮮中央通信が伝えた。

同氏は談話で「いささかの誤った判断や踏み損ないも致命的で取り返しのつかない結果を招くことになる現在のような鋭敏な時に、朝米関係の現実態を無視した首脳会談説が世論化していることに対してあっけにとられる」としながら、「すでに遂げられた首脳会談の合意も眼中になく、対朝鮮敵視政策にしつこく執着している米国と果たして対話や取り引きが成立するだろうか」と述べ、現段階での米国との対話それ自体に疑問符を付けた。

また、「われわれはすでに、米国の長期的な脅威を管理するためのより具体的な戦略的計算表を練っている」と表明。

そのうえで「朝米対話を自分らの政治的危機を処理するための道具としか見なさない米国とは対座する必要がない」と断じた。

    関連記事