クォン・オギュ経済副総理が22日にワシントンの特派員懇談会で、“金委員長が‘卵から出てから正確に14日たった鳩が一番おいしい’と言った”と明らかにし、金正日のグルメが再び注目された。

南北首脳会談の晩餐会の時に、金正日が‘鳩のフライは肉はもちろん、骨と足まで一度にあげても、雀のフライのようにとても量が少ない’と言い、‘14日から1日でも経てば(鳩の)味が落ちる’と言ったという。

この晩餐会にはあわせて9本のワインが出たが、金正日はこれについて、‘昔はボルドー産ワインをたくさん飲んだが、いつからか、ブルゴーニュ産が口に合って変えるようになった’と言ったとも伝えられた。