人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、日本が改良型パトリオットミサイルの配備したことを非難し、「無分別な軍事大国化」に向かっているとする論評を配信した。

航空自衛隊は弾道ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の改良型を3~6月にかけ、習志野(千葉県)、浜松(静岡県)、芦屋(福岡県)、築城(同)の4基地に配備した。改良型は「PAC3MSE」と呼ばれ、迎撃できる高度が従来の十数キロから数十キロに延び、防護できる面積は2倍以上に拡大。より小さいミサイルの探知も可能になったとされる。

論評はこれについて、「軍事技術的指標が新たに向上したミサイルが防御以上の用途に使用されかねないという客観的事実に照らして見る時、これは再侵略熱に浮ついた日本反動層の無謀な軍事的妄動に対するもう一つの明白な実証となる」と指摘。

(参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

また、「新型コロナによる世界的な憂慮が増幅する中でも、中東に派遣した海上『自衛隊』護衛艦『きりさめ』の情報収集活動を開始した」と言及。「実に、無分別な軍事大国化と海外膨張野望実現策動の明白な発露である」などと主張した。

    関連記事