人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は17日、韓国政府から特使派遣の打診があったが、朝鮮労働党の金与正(キム・ヨジョン)第1副部長が拒否したと明らかにした。

同通信によると、韓国の文在寅大統領は15日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長と徐薫(ソ・フン)国家情報院長を特使として派遣することを提案した。しかし、金正恩党委員長の妹である金与正氏が「分かりきった術数がうかがわれる不純な提案」であるとして、これを拒絶したという。

(参考記事:金正恩氏ら兄妹、対北ビラで「不倫関係」暴露され激怒か

同通信は「われわれが前例のない国家非常防疫措置を施行し、朝鮮境内に対するいかなる出入りも許容しない状態であることを明白に知りながらも、もしかしてと未練になろうとなかろうと空念仏を唱えて特使を送るという南側の不敬な態度を重大視せざるを得ない」と不快感を表明。

さらに金与正氏は、「南朝鮮当局が特使派遣のような非現実的な提案を持って何か努力しているというまねだけをせず正しい実践で補償し、険悪に広がっている現在の情勢も見分けられず油を持って火を救うというふうにわれわれを引き続き刺激する愚か者らの言動を厳格に統制、管理して自重するのが有益であろう」と警告した。

    関連記事