人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の金正恩党委員長が1日、平安南道(ピョンアンナムド)に建設された順川(スンチョン)燐酸肥料工場の竣工式に参加した。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏の公開活動が伝えられるのは20日ぶりとなる。この間、韓国のデイリーNKが4月20日、北朝鮮の金正恩党委員長が手術を受けたがその後の経過は良好だと伝え、翌日に米CNNが重体説を報じて以降、金正恩氏の健康状態を巡る噂や憶測が飛び交っていた。

(参考記事:金正恩「死亡映像」が北朝鮮で拡散…当局厳戒、国民も緊張

金正恩氏は竣工式でテープカットを行い、施設を見て回った後、「金正恩委員長は、今やわが農業勤労者が安心して党が提示した穀物生産目標を達成することに専心することができるようになった、順川燐酸肥料工場は党政策の絶対的信奉者らが軍民一致の団結した力で創造した誇るに足る結実である」などと述べ、建設者と科学者、技術者の貢献を高く評価したという。

順天燐酸肥料工場の竣工式に参加した金正恩氏(2020年5月2日付朝鮮中央通信)
順天燐酸肥料工場の竣工式に参加した金正恩氏(2020年5月2日付朝鮮中央通信)

竣工式には朝鮮労働党の朴奉珠(パク・ポンジュ)副委員長と金才龍(キム・ジェリョン)内閣総理、金徳訓(キム・ドックン)、朴泰成(パク・テソン)の両党副委員長、党中央委員会の金与正(キム・ヨジョン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)両第1副部長らが参加した。

    関連記事