人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、日本に対して「軍事的狂気が、無謀な域へ突っ走っている」と非難する論評を配信した。

陸上自衛隊は5日、沖縄県の宮古島駐屯地で地対空・地対艦ミサイル部隊の発足を記念する式典を開き、本格的に活動を始めた。論評はこれに対して、「日々露骨になる日本軍国主義者の再侵略狂気の明確な発露である」と非難した。

(参考記事:文在寅の空母が「浮かぶ標的」になる可能性

また、「日本の反動層は、宮古島をはじめ列島の要衝に集中的に展開されている自国の武力が周辺諸国を標的に置いているということについて隠していない」と述べた。

さらに、「『北朝鮮脅威』説を口実にして西側で米国に次ぐ水準に軍事力を備えた日本が、周辺諸国を制圧し、地域の盟主になってみようとする変わらぬ野望の下で、いつ再侵略の砲声を響かせるかは誰も予測できない」と主張した。

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

そのうえで、「日本の反動層は、国際社会の警告を無視して侵略に再び乗り出す場合、最も悲惨な終えんの運命が与えられるということを一時も忘れてはならない」と強調した。

    関連記事