北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、「朝鮮人民革命軍」の創建日に際して、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)は朝鮮労働党に忠実であるべきとする社説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮は朝鮮人民軍の創建日を1948年2月8日としていたが、1978年以降は金日成が朝鮮人民革命軍を創建した1932年4月25日を軍の創建記念日としていた。2018年には2月8日を創建日に戻し、4月25日は「朝鮮人民革命軍」の創建記念日とした。

(参考記事:北朝鮮軍で「非常事態」続く…軍医ら高熱・呼吸困難で相次ぎ死亡

社説は、「朝鮮労働党の思想と偉業に限りなく忠実な革命武力を建設したのは、金日成主席と金正日総書記が祖国と人民のために積み上げた永遠不滅の業績である」と述べた。

また「われわれの革命武力は党の指導的権威を全面的に擁護していく第一の決死隊であり、党の権威を擁護し、その指導に限りなく忠実であることは朝鮮革命武力の誇らしい伝統である」と強調した。

そのうえで、「朝鮮革命武力は、百戦百勝の金日成・金正日戦略・戦術と大胆無双の攻撃方式、完璧(かんぺき)な実戦能力を備えた最精鋭革命強兵に成長した」と主張した。

    関連記事