北朝鮮外務省の対外報道室長が19日、トランプ米大統領が金正恩党委員長から書簡をもらったと述べたことを否定する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

トランプ氏は18日の記者会見で、金正恩氏から「素晴らしい書簡」を最近受け取ったと明らかにし、「金正恩氏とはとても良好な関係にある」と述べた。談話はトランプ氏の発言を否定するものであり、米朝対立の火種になるかもしれない。

談話は、「米大統領がこれまでやり取りした親書について回顧したものかは正確に分からないが、最近わが最高指導部は米大統領にいかなる書簡も送ったことがない」と明言した。

また「事実無根の内容をメディアに流す米指導部の企図を集中分析する計画である」と述べた。

そのうえで、金正恩氏とトランプ氏の関係について「いつでも余談として持ち出す話題ではなく、さらに利己的な目的に利用されてはならないであろう」と強調した。

    関連記事