人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は13日、金正恩党委員長が2019年に明らかにした著作(施政演説)を讃える論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は2019年4月12日に開かれた最高人民会議第14期第1回会議で「現段階における社会主義建設と共和国政府の対内外政策について」と題した施政演説を行った。最高指導者の施政演説は29年ぶり。論説は演説一周年に際して、金正恩氏の権威を高める狙いがあると見られる。

論説は、「金正恩委員長の施政演説を体して全社会を金日成・金正日主義化するための闘いが力強く繰り広げられる中でわが国家の威力が非常に強化されたと明らかにした」と述べた。

また、「普通なら一日も持ちこたえられずに屈するであろう非常に厳しく危険極まりない難関もわが国家と人民の前進を押し止めることも、遅らせることもできないということをこの1年間、国力強化で収められた成果が実証している」と指摘した。

そのうえで、「人民大衆の自主偉業、社会主義偉業の遂行の進路が明示された不滅の大綱があるので朝鮮の前途は光り輝くというのが朝鮮人民の確固たる信念である」と強調した。

    関連記事