韓国軍の合同参謀本部は21日朝、北朝鮮が平安北道(ピョンアンブクト)地域から朝鮮半島東側の東海に向けて短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体を2発発射したと明らかにした。北朝鮮は今月2日と9日にもミサイルを発射。今年に入ってからは3回目となる。

金正恩氏は20日に朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の砲撃対抗競技を指導している。

    関連記事