北朝鮮の金正恩党委員長はイラン・イスラム革命41周年となった11日、ハッサン・ロウハニ大統領に祝電を送った。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は祝電で「国の自主権と尊厳を守り、社会経済的発展を成し遂げるためのあなたと貴国人民の活動で成果があることを心から願うとともに、わが両国の立派な友好・協力関係が各分野にわたってより拡大し、発展するとの確信」を表明した。

    関連記事