人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は7日、正面突破戦を打ち出した朝鮮労働党の路線は金日成主席が創り出した「白頭山攻撃精神の立派な具現である」とする署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮労働党は2019年12月28日から31日にかけて、第7期第5回総会を開いた。総会では金正恩党委員長が「正面突破戦での基本は経済戦線だ」としながら、国際社会の制裁に打ち勝つための経済建設を強調した。論説は、正面突破戦のスローガンと朝鮮労働党の権威を高める狙いがあると見られる。

論説は、「朝鮮労働党の正面突破思想には、抗日革命闘争をはじめ朝鮮革命の各段階、全ての形態の闘争で不滅の生命力を誇示した白頭の攻撃精神、難関に立ち向かう闘争方式がそのまま脈打っている」と強調した。

また、金正恩氏が「破廉恥に振る舞う敵対勢力の行為に一寸の譲歩や妥協もせず、正面から立ち向かう断固かつ強硬な立場を全世界に宣明した」と述べた。

そのうえで、「革命を新たな高揚へ高調させる果敢な闘争方式は、祖国と人民の運命に対する高い責任感、自国の革命を自力で最後まで遂行するという確固たる自主的信念を身につけた偉大な領袖、偉大な党だけが提示し、頑強に具現していくことができる」と主張した。

    関連記事