北朝鮮「謎の高熱」で5人死亡、新型肺炎か不明も当局は隠ぺい

中国と国境を接する北朝鮮・平安北道(ピョンアンブクト)の新義州(シニジュ)と義州(ウィジュ)で、原因不明の高熱で死亡する人が相次いで発生した。中国で感染が広がる新型コロナウイルスとの関連は不明だが、北朝鮮当局は事実の隠蔽に汲々としている。

デイリーNKの現地の情報筋によると、新義州で先月末、風邪をこじらせた男性が病院で診察を受けた。解熱剤と抗生剤を投与されたが、熱が下がらないまま急死した。その翌日、市内の別の病院でも2人の患者が原因不明の高熱を訴え治療を受けたが、病状が改善せず亡くなった。新義州に隣接する義州でも今月初め、高熱を訴え病院を訪れた患者2人が死亡した。死者は合計で5人に達した。

死者に関する詳細は一切わかっていない。地元の保健当局が、徹底した秘密保持を指示するなど、箝口令を敷いているからだ。

北朝鮮は、伝染病の感染拡大に対応する防疫体制が脆弱であることにとどまらず、通常時の医療体制も極めて貧弱だ。国立の病院では医薬品が不足しており、患者は市場での購入を強いられるほどだ。

(参考記事:若い女医の死で幕を閉じた北朝鮮「恐怖病棟」での出来事

ウイルスの流入を恐れる北朝鮮は、事実上の鎖国状態となっている。

先月28日には、新型コロナウイルスの国内での感染拡大を恐れ、中国との貿易を全面的に停止する措置を取った。また、外国人観光客の受け入れも先月22日から中止している。

(参考記事:北朝鮮、新型ウイルス感染を恐れ中国との貿易を全面停止

しかし、密輸や労働者の派遣など、中朝間の人の行き来は密かに続けられている。現地の情報筋は、人民武力省系の貿易会社が、中国から大量の韓国製のマスクを密輸入したことを伝えている。ちなみに6日の時点で、遼寧省では94人の新型コロナウイルス感染者が発生している。うち7人は、新義州の対岸の丹東だ。

(参考記事:北朝鮮軍がマスクを「産地偽装」して密輸している

自国の防疫体制が脆弱なことは一般国民も認識しており、もし新型コロナウイルスの感染者が国内で発生したとの噂が広まれば、社会全体の動揺は避けられないだろう。当局は、動揺や混乱が金正恩体制を脅かしかねないと見て、情報の遮断に必死になっているということだ。

しかし、人の口に戸は立てられない。情報筋は「人民の間で、ウイルスがすでに広がっているとの噂が立っている」と伝え、政府に対しては「もしウイルスで死んだことが事実だとすれば、隠蔽に汲々とするのではなく、早急に対策を立てるべきではないのか」と懸念を示した。

今のところ、北朝鮮での感染者発生は公式には報告されていない。北朝鮮保健省のソン・インボム局長は2日、朝鮮中央テレビに出演し「わが国で新型コロナウイルスによる感染症は発生していない」と述べた。同時に「だからといって安心してはならない」と警戒を呼びかけた。

    関連記事