人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は3日、安倍晋三政権が憲法改正で自衛隊の明記を目指していることについて「無分別な軍国化策動」だと非難する論評を配信した。

論評は「日本の国内でも憲法改正に反対する人々の数が増え続いている中、安倍首相に憲法を制定する権限はない、憲法9条を違反している安倍政権を倒さなければならないという声が政界でまで響き出ている」と指摘。

続けて「にもかかわらず、安倍をはじめとする改憲勢力は『新しい時代に向けた国づくり』を唱えて人類の要求と民心に逆行した憲法改悪策動にヒステリックに踏み出している」と非難した。

さらに、「日本の反動層こそ、この惑星に火雲をもたらす危険極まりない侵略勢力、人類共同の努力で当然懲罰すべき悪の群れである」などと述べた。

    関連記事