北朝鮮の金正恩党委員長は12月31日、キューバ革命の勝利から61周年に際し、キューバ共産党のラウル・カストロ第1書記とミゲル・ディアスカネル国家主席に祝電を送った。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

12月31日はキューバ革命軍の勝利が決定的となり、独裁政権のバティスタ大統領が辞任した日である。

金正恩氏は祝電で「敵対勢力の悪辣な制裁・封鎖策動を果敢に粉砕して革命の貴い獲得物をしっかり守り、社会主義偉業を力強く前進させていくためのキューバの党と政府と人民の闘いに全的な支持と連帯を表す」と述べている。

    関連記事