バーレーン王国のハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ国王は23日、同国の建国記念日に際して北朝鮮の金正恩党委員長が祝電を寄せたことに対する答電を送った。朝鮮中央通信が28日付で伝えた。

ハリーファ氏は答電で「友好的なわが両国と両国人民間の関係がより強化され、発展することを心から願う」などと述べている。

    関連記事