人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の平壌で15日、在日朝鮮人の帰国実現を記念する報告会が行われた。朝鮮中央通信が伝えた。

1959年12月14日からはじまり、今年で60年をむかえる帰国事業で総勢約9万人の在日朝鮮人が帰国した。大多数が過酷な生活と差別に苦しみ、日本では帰国事業を進めた北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(総連)を告発する集会などが開かれている。

(参考記事:金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈(1)すべては帰国運動からはじまった

報告会には、朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長、太亨徹(テ・ヒョンチョル)最高人民会議常任委員会副委員長、全光虎(チョン・グァンホ)内閣副総理、国家機関の関係者や、総連教育中央対策委員会の金元煥(キム・ウォンファン)顧問を団長とする在日本朝鮮人感謝団や、北朝鮮に滞在中の在日朝鮮人が参加した。

太亨徹氏は記念報告で、「在日同胞の社会主義祖国への帰国実現は金日成主席と金正日総書記のチュチェの海外同胞運動思想と賢明な指導がもたらした高貴な結実である」と強調した。

さらに、「在日同胞の社会主義祖国への帰国を実現して在日朝鮮人運動の全盛期をもたらし、海外同胞運動の世界史的模範を創造した主席と総書記の不滅の業績は祖国の歴史とともに子孫万代に末永く輝くであろう」と強調した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

    関連記事