北朝鮮の金正恩党委員長が2日、両江道(リャンガンド)三池淵(サムジヨン)郡邑(ウプ)地区の竣工式に参加した。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信は、再開発事業が行われていた三池淵郡邑地区について、金日成主席率いる抗日パルチザンの本拠地であり、金正日総書記の生家とされている「白頭山密営」が位置する栄光の地であると説明。今回の再開発で、「現代文明が凝縮した社会主義山間文化都市のモデルに転変した」「朝鮮労働党の地方建設構想を成功裏に実現していくことのできる革命的跳躍台が築かれた」などと述べた。

竣工式には、崔龍海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長、朴奉珠(パク・ポンジュ)朝鮮労働党副委員長、金才龍(キム・ジェリョン)内閣総理、呉秀容(オ・スヨン)朝鮮労働党副委員長、董正浩(トン・ジョンホ)内閣副総理をはじめ、両江道の党の幹部、216師団の指揮官と突撃隊員、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の朴正天(パク・チョンチョン)総参謀長らが参加した。

金正恩氏が竣工のテープを切り、216師団建設者の隊列行進が行われたと同通信は伝えた。

    関連記事