韓国政府が、亡命の意思を示していた北朝鮮男性2人を、南北の軍事境界線にある板門店(パンムンジョム)を通じて北朝鮮に追放した件について、疑問と反発の声が上がっている。

韓国政府の説明によると、事件の概要は次のようなものだ。

船長と船員の計19人を乗せた17トン級の木造船は今年8月中旬、北朝鮮東海岸の金策(キムチェク)港を出港、2ヶ月に渡りイカ漁を行っていた。船員のうち20代男性の3人が、船長の横暴に不満を抱いて殺害を決意。斧1本と金槌2本を使って殺害した。

犯行の発覚を恐れた3人は、残りの船員も口封じで殺害することにし、2人ずつ呼び出して殺害、遺体は海に遺棄した。40分間隔で殺害を繰り返し4時間をかけて合計で16人を殺害した。

3人は北部の慈江道(チャガンド)に逃亡するべく、一度は金策港に戻ったが、1人が逮捕されたため2人は船に乗って逃亡、今月2日に韓国の領海で韓国海軍に拿捕されたというものだ。

取り調べの過程で韓国への亡命の意思を示した2人だが、16人殺害を自白したことで、「重大な犯罪であり、韓国の国民の生命や安全の脅威となる。凶悪犯罪者として、国際法上の難民としても認められないと判断した」(統一省)との理由から、7日に板門店を通じて2人を北朝鮮に追放する措置をとった。

北朝鮮の人権を扱う団体などは、この措置について韓国政府を厳しく批判する声明を共同で発表した。

(参考記事:「韓国政府は文明国の規範捨てた」米韓NGO、脱北者追放の違法性指摘

また、韓国の中央日報は12日付の社説で真相究明を求めた。同紙が指摘した疑問点は大きく分けて以下の4つだ。

◯長さ15メートルの17トン級の木造船に19人が乗船することは可能なのか

◯狭い船の上で発覚せずに2人ずつ順番に殺害することは可能なのか

◯なぜ国防相にすら報告されずに追放措置が行われたのか

◯そんな大事件の取り調べがたった4日で終わり、殺害の証拠すらないのに、追放したのは何故か

デイリーNKでは、今回の追放について、 平壌の幹部(A)、北朝鮮の内部事情に精通した情報筋(B)、清津(チョンジン)水産事業所で勤務経験を持つ脱北者(C)の3人にインタビューを行った。

3人はいずれも今回の措置に疑問を呈した上で、北朝鮮当局のプロパガンダに利用された上で、処刑されるだろうとの見方を示している。

以下は、インタビュー内容を再構成したものだ。

―韓国政府が北朝鮮国民2人を北朝鮮に追放した。船に乗り組んでいた同僚16人を殺害する凶悪犯罪を犯したというのが政府の説明だが、これに対して疑わしいとの声が上がっている。どう思うか?

    関連記事