北朝鮮外務省の宋日昊(ソン・イルホ)日朝国交正常化担当大使は7日、日本の安倍晋三首相を名指しで非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が報じた。

安倍氏はタイのバンコクで開かれた東アジア首脳会議(EAS)に出席。北朝鮮が10月31日に発射した「超大型多連装ロケット砲」について弾道ミサイルであるとの認識を示し、「国連安全保障理事会決議の明白な違反だ」と非難した。

談話はこれに対し、「われわれの超大型ロケット砲試射に対して日本領土に核爆弾でも落ちたかのように騒ぎ立てている日本首相の安倍がまさに、人間としての値打ちもないそのような白痴、ならず者である」と述べた。

また、「ロケット砲とミサイルも区別できない分際で、軍事大国化の竜の夢を見ている天下にまたといない無知な男、その貧困な頭で『挑発』や『暴挙』『違反』『拉致』や『圧迫』という粗悪な単語しか言えない低能児がまさに安倍である」と強調した。

(参考記事:日本の「軍事大国化」に震える韓国と北朝鮮

そのうえで、「『条件のない会談』だの、何のと言って用心深く平壌の門を叩いてみる安倍のざまを見れば、笑わざるを得ない」としながら、日本上空を通過するミサイル発射の可能性を示唆。「わが朝鮮にあくまでも挑戦しようとするなら、われわれは日本という孤独な島を眼中におかずわれわれがなすべきことをするようになるであろう」と主張した。

    関連記事