同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長に習近平総書記から答電

【平壌11月2日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長である金正恩同志に10月30日、中国共産党中央委員会総書記で中華人民共和国国家主席である習近平同志から答電が寄せられた。

答電の全文は、次の通り。

尊敬する金正恩同志

私は、あなたが中華人民共和国創建70周年に際して温かい情が溢れる祝電を送ってくれたことに心からの謝意を表する。

この前、われわれは新しい中国創建70周年を盛大に祝った。

これに大きく励まされた全党、全軍、全国の各民族人民は、初心を忘れず使命を銘記して「二つの百年」奮闘目標と中華民族の偉大な復興を目指す中国の夢を実現するために奮闘している。

今年は、中朝外交関係設定70周年になる年である。

さる70年間、中朝両党、両国は互いに支持し、協力しながら、社会主義偉業の発展に大きな貢献をした。

この前、私と委員長同志は互いに祝電を交わして、外交関係設定70周年を契機に手を握り合って中朝関係の長期的かつ健全で安定的な発展を促すと共に、両国と両国人民により立派な福利を与える意志を共同で表明した。

私は、あなたと緊密な意志疎通を維持し、力を合わせて中朝関係の新しくてさらなる発展を導いていく用意がある。

現在、朝鮮の党と人民は委員長同志の指導の下、社会主義建設で新しい高揚を起こしている。

中国側は、朝鮮同志たちが新たな戦略的路線を貫徹して経済発展と人民生活の向上に力を集中することを確固と支持する。

われわれは、委員長同志を首班とする朝鮮労働党の指導の下で朝鮮の社会主義偉業において必ず新しくてさらなる成果が絶えず収められると確信する。

委員長同志が健康で万事がスムーズに運ばれることを願う。

朝鮮民主主義人民共和国の隆盛・繁栄と人民の幸福、安泰を願う。---

    関連記事