北朝鮮国営の朝鮮中央通信は29日、韓国軍が米軍の劣化ウラン弾を管理していたことを非難する論評を配信した。

韓国の全国紙・朝鮮日報系のケーブルテレビ・TV朝鮮は9日、米軍が劣化ウラン弾132万発を韓国の水源(スウォン)空軍飛行場に保管し、韓国空軍が管理していたと報じた。

論評は、TV朝鮮の報道を引用しながら、「南朝鮮当局の恥ずべき対米屈従姿勢がどの域にまで至ったのかを如実に見せている」と強調した。

(参考記事:「何故あんなことを言うのか」文在寅発言に米高官が不快感

また、「南朝鮮こそ米国の哀れな植民地であり、南朝鮮の当局者は宗主にへつらって民衆の頭上に災難の雲を引き寄せることもためらわない希世の手先、売国奴である」と非難した。

    関連記事