北朝鮮代表として第18回非同盟諸国首脳会議に参加するためにアゼルバイジャンを訪問中の崔龍海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長が24日、首都・バクーの大統領宮殿でイルハム・アリエフ大統領と会見した。朝鮮中央通信が伝えた。

アリエフ氏は席上「国際舞台で相互支持と協力を緊密に行う意向を表するとともに、朝鮮が非同盟運動で引き続き重要な役割を果たしてくれることを願うと語った」という。

    関連記事