北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、日本の航空自衛隊が行った訓練に対して、「地域社会に『安保危機』を鼓吹している」とする論評を配信した。

航空自衛隊は9日、東京で地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練を報道陣に公開した。

論評は、「軍用施設外でのこのような公開訓練が例外的なことで、自国の『厳酷な安全保障環境』に対する世論の喚起にはかなり効果的である」と指摘した。

また、「日本の反動層は、膠着状態に陥った現対話の局面をきっかけに、一歩進んで地域情勢を完全に破壊しようとする腹黒い下心をさらに露骨にしている」と主張した。

そのうえで、「迎撃ミサイルシステムの移動展開訓練を公開的に行うなど、情勢安定、不安解消とは縁もゆかりもない平和破壊行為を強行している」と非難した。

    関連記事