北朝鮮外務省のスポークスマン(報道官)は12日、朝鮮中央通信社記者の質問に答える形で、今月7日に日本海の大和堆周辺で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突し漁船が沈没した事故をめぐり賠償と再発防止を求めた。

日本の水産庁は7日、北朝鮮漁船の違法操業を確認できなかったとして、乗組員を別の北朝鮮船に引き渡したと説明している。

一方、北朝鮮外務省の報道官は水産庁の取締船が「わが漁船を沈没させる白昼強盗さながらの行為を働いた」とし、「日本側によってわが船員たちが救出されたと言うが、彼らの生命安全は甚だしく脅かされた」と指摘した。

また、「日本が自国の故意の行為を正当化してみようと熱を上げて盗人猛々しく振る舞っているが、わが漁船を沈没させ、船員たちの生命安全まで脅かした今回の事件の責任から絶対に逃れられない」と主張した。

そのうえで、「われわれは、日本政府がわが漁船を沈没させて物質的被害を与えたことに対して賠償し、再発防止対策を講じることを強く求める」と強調した。

    関連記事