北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、北朝鮮と中国の国交樹立70周年に際して、「朝中親善はこんにち、新時代の要求に即して継承され、発展している」とする署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「最高指導者金正恩党委員長と習近平総書記の数回にわたる対面は、反帝・自主、社会主義を目指す共同の闘争で志と情で結ばれた朝中親善の不変性、不敗性を全世界に誇示した」と述べた。

また、「国際情勢がどう変わろうとも、朝中親善関係を立派に継承し、新しい高さで代を継いで発展させようとするのは、わが党と政府の確固不動の意志である」と強調した。

そのうえで、「今後も、中国人民と固く手を取り合って地域の平和と安定の保障、社会主義建設と国の統一のために闘うであろうし、朝中両国人民の共同の富である朝中親善を引き続き強固にし、発展させていくために努力の限りを尽くすであろう」と主張した。

    関連記事