同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」朝鮮人民は朝中親善を強固にし、発展させる

【平壌10月6日発朝鮮中央通信】6日付けの「労働新聞」は、朝中外交関係設定70周年に際して署名入りの論説を掲載した。

同紙は、1949年10月6日、朝鮮民主主義人民共和国と中華人民共和国の外交関係設定は朝中親善関係の発展を力強く促した歴史的契機になったと指摘した。

朝中外交関係設定後、これまでの70年間、朝鮮人民と中国人民は政治、経済、文化など各分野において互いに支持し、鼓舞、激励して協力と交流を緊密に行ってきたと強調した。

同紙は、朝中親善関係が両国の先代指導者たちの大きな関心の中で発展してきたことについて明らかにし、次のように指摘した。

両国の先代指導者たちが自ら築いて発展させた朝中親善はこんにち、新時代の要求に即して継承され、発展している。

最高指導者金正恩党委員長と習近平総書記の数回にわたる対面は、反帝・自主、社会主義を目指す共同の闘争で志と情で結ばれた朝中親善の不変性、不敗性を全世界に誇示したし、新しい活力期に入った朝中両国の親善関係をより強固にすることに資した。

国際情勢がどう変わろうとも、朝中親善関係を立派に継承し、新しい高さで代を継いで発展させようとするのは、わが党と政府の確固不動の意志である。

わが人民は、習近平総書記を中核とする中国共産党の指導の下で社会的安定と国の主権を守り、経済の持続的な発展と中国特色の社会主義偉業の新しい勝利を収めるための中国人民の闘いを積極的に支持している。

わが人民は過去と同様、今後も、中国人民と固く手を取り合って地域の平和と安定の保障、社会主義建設と国の統一のために闘うであろうし、朝中両国人民の共同の富である朝中親善を引き続き強固にし、発展させていくために努力の限りを尽くすであろう。---

    関連記事