北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は2日、韓国政府が南北対話が膠着状態に陥っている責任を、北側に転嫁していると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は「先日、統一部当局者は北南の対話が開かれないのが、まるでわれわれのためであるかのように言い触らした。南朝鮮国防部長官も、われわれの自衛的な国防力強化措置に言い掛かりをつけて、『北が緊張を高調』させているとの妄言を並べ立てた」と指摘。

そのうえで「北南関係が膠着状態に陥るようになった根本原因は一言で言って、南朝鮮当局の背信的行為にある」としながら、韓国政府が米韓合同軍事演習で「相手を脅かし、緊張をあおり立てる挑発行為を引き続き働きながら、『対話』と『信頼』についてうんぬんするのは、常識外れの欺瞞(ぎまん)行為である」と非難した。

(参考記事:「何故あんなことを言うのか」文在寅発言に米高官が不快感

    関連記事