北朝鮮から餓死者が続出しているという知らせがひっきりなしに聞こえてくる。1990年代中盤に多数の餓死者を出した水準ではないものの、相変らず慢性的な食糧不足だと伝えらる。

時代に逆行する金正日政権の経済政策は悪化する一方だが、今日も住民達の生き残るための生存競争は激しく広がっている。

90年代中盤からのいわゆる『苦難の行軍』時期を耐え抜き生き残った北朝鮮住民は、それなりの生存方法を獲得した。飢え死んで行く家族と知り合い、同僚を見るしかなかった残酷な現実で、『首領の国』『地上の天国』というスローガンがどれほど空しいのかを悟った彼らは、もう金正日政権に頼らない。

当時の北朝鮮の食糧難がどれほど酷かったかというのは、多くの北脱出者の証言で確認できる。金を掘って一日一日を生き延びようとする人々の日常生活を見てみよう。