北朝鮮外務省の金明吉(キム・ミョンギル)巡回大使は20日、談話を発表し、「実用的な観点に立って朝米関係に接近すべきだというトランプ大統領の賢明な政治的決断を歓迎する」と述べた。

北朝鮮外務省は米朝実務協議に応じる意向を示しており、崔善姫(チェ・ソニ)第1外務次官や米国担当局長が期待感を表明していた。

一方、トランプ米大統領は北朝鮮の非核化をめぐり、核兵器の完全放棄を確認した後に経済制裁を解除する「リビア方式」は適用しないと述べている。また、リビア方式を主張し、対北強硬派で知られるボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任するなど、北朝鮮に宥和姿勢を見せている。

談話は「朝米双方が互いに相手に対する信頼を築き、実現可能なことから一つずつ段階的に解決していくのが最上の選択であるという趣旨ではなかろうか」と述べた。

また、「新しい対案でやってみようとする政治的決断は、以前の米執権者らは考えさえしなかったし、またすることもできなかったトランプ大統領特有の政治感覚と気質の発現であると思う」とし、トランプ氏を称賛した。

    関連記事