北朝鮮の金正恩党委員長が、朝鮮民主主義人民共和国創建71周年に際して祝電を寄せた中国の習近平国家主席に19日、答電を送った。

金正恩氏は答電で「北京から平壌につながったわれわれの対面は、両党、両国人民の共同の貴重な富であり、戦略的選択である朝中親善を変わることなく強固にし、発展させていくという私と総書記同志の確固たる意志を世界に力強く誇示した」と述べた。

また、「総書記同志と約束した通りに社会主義の道で偉大な朝中親善を立派に継承して輝かし、より光り輝く明日をもたらすために努力の限りを尽くす」と強調した。

    関連記事