【ウラジオストク共同】ロシアのプーチン大統領は5日、極東ウラジオストクでの東方経済フォーラム全体会合の討議で、米高官が日本や韓国にミサイルを配備する意向を示したとして、懸念を表明した。日本が導入する地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、米国のミサイル防衛(MD)網の一環と見なし、けん制したとみられる。

これに対し、壇上で同席した安倍晋三首相は、イージス・アショアについて「北朝鮮のミサイルからわが国を守るため」日本が保有・運用し、米国が運用するのではないと反論した。

プーチン、安倍両氏は2国間首脳会談を行ったが、共同記者発表は見送っていた。

…続きを読む

    関連記事