北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、韓国の一部で米国の戦術核兵器の国内再配備を求める声が出ていることについて「自分らの運命を破滅のどん底により深く陥れる」ものだとする論評を配信した。

韓国の保守政界などの一部では、北朝鮮の核の脅威に対抗するため、NATO(北大西洋条約機構)で行われている「核兵器シェアリング」などの手法を援用し、米国の戦術核兵器を国内に再配備するべきとの主張が出ている。

(参考記事:韓国専門家「わが国海軍は日本にかないません」…そして北朝鮮は

これに対して論評は、「情勢の悪化によって民衆が苦痛をなめようと、どうなろうと、宗主の安保環境にさらなる危険が生じようと、どうなろうと自分らが独断と専横をこととして思う存分のさばっていた過去の対決時代だけを開けばいいという犯罪的打算が潜んでいる」と非難した。

    関連記事