北朝鮮で第14回全国教員大会が3日、平壌体育館で行われ、金才龍(キム・ジェリョン)内閣総理と朝鮮労働党の朴泰成(パク・テソン)副委員長、全光虎(チョン・グァンホ)内閣副総理、党中央委員会の崔東明(チェ・ドンミョン)部長、教育委員会の金承斗(キム・スンドゥ)委員長と各道の党委員長、教育関係者らが参加した。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩党委員長は同大会に際し、著作「教員は党の教育革命方針の貫徹において職業的革命家の本分を果たしていくべきである」を発表。「教育事業がいまだ党の意図と要求に追い付かず、世界の教育発展のすう勢に著しく立ち後れている」とした上で、「われわれには教育事業において大革命を起こし、教育強国、人材強国を一日も早く建設すべき重くて聖なる課題が提起されている」と訴えた。

また、「科学技術が国の経済発展を促す機関車、国力を誇示する主な表徴であるなら、科学技術の母は教育である」として、科学技術重視の姿勢を強調した。

同通信の一連の報道全文は次のとおり。

第14回全国教員大会

【平壌9月4日発朝鮮中央通信】第14回全国教員大会が3日、平壌体育館で行われた。

大会には、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員である金才龍内閣総理(朝鮮労働党政治局委員)、朝鮮労働党中央委員会の朴泰成副委員長(党政治局委員)、全光虎内閣副総理、党中央委員会の崔東明部長、教育委員会の金承斗委員長と各道党委員長、模範的な教員と教育活動家、中央と道・市・郡の教育部門の指導活動家、島分校と最前線地帯、山里の学校に志願進出した教員、教育者家庭と夫婦教師、教育事業を積極的に支援した後援団体をはじめとする関連単位の活動家、総聯(朝鮮総聯)教育活動家代表団の慎吉雄団長が参加した。

    関連記事