北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は24日、激しいデモが続く香港情勢を巡り、「自制力を発揮しながら法執行の方法で問題を解決しようとする中国の党と政府の措置を支持」するとの論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は「問題は外部世界の干渉が香港事態をいっそう複雑にしている」ことだと主張。「これにより力づけられた極端分子らは『香港を光復しよう』などのスローガンを叫びながら、米国など西側勢力の香港事態介入を露骨に主張している」と非難した。

    関連記事