北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、同日で終了した米韓合同軍事演習は「朝鮮を侵略するための公然たる敵対行為」だと非難する論評を掲載した。

論評は「南朝鮮で強行された『連合指揮所訓練』は徹頭徹尾、わが朝鮮を不意に先制攻撃するための侵略戦争演習である」と主張。

(参考記事:「何故あんなことを言うのか」文在寅発言に米高官が不快感

続けて「外部勢力と共に侵略的な合同軍事演習を強行した南朝鮮の好戦狂は、その愚かな行為の代価を骨身にしみるほど払うことになる」として、韓国政府に非難の矛先を向けた。

    関連記事