人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 「連合指揮所訓練」は侵略戦争演習

【平壌8月20日発朝鮮中央通信】20日付けの「労働新聞」は署名入りの論評で、南朝鮮の好戦狂が米国と共に行った「連合指揮所訓練」は朝鮮を侵略するための公然たる敵対行為であり、許せない軍事的挑発であると主張した。

同紙は、美辞麗句を並べ立て、看板を変えるからといって「連合指揮所訓練」の侵略的かつ挑発的な性格は決して変わらないとし、次のように指摘した。

南朝鮮で強行された「連合指揮所訓練」は徹頭徹尾、わが朝鮮を不意に先制攻撃するための侵略戦争演習である。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

今回の戦争演習には南朝鮮の合同参謀本部と陸・海・空軍作戦司令部、南朝鮮・米国連合軍司令部と南朝鮮占領米軍司令部、米太平洋司令部が投入されたという。

これは、「連合指揮所訓練」がわが朝鮮に対する侵攻と圧殺を目的としたきわめて挑発的な戦争演習であることをはっきり実証している。

好戦狂らが内外の世論を欺まんする目的の下で「連合指揮所訓練」にかぶせたベールは、完全にはがれた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

緊張緩和と平和、統一に対する同胞の志向にあくまでも挑戦して外部勢力と共に侵略的な合同軍事演習を強行した南朝鮮の好戦狂は、その愚かな行為の代価を骨身にしみるほど払うことになるであろう。---

    関連記事