中国を訪問した朝鮮人民軍の金秀吉総政治局長(陸軍大将)を団長とする北朝鮮の軍事代表団が17日、北京の8・1庁舎で中国中央軍事委員会の張又侠副主席と歓談した。朝鮮中央通信が伝えた。張又侠氏は中国人民解放軍の制服組トップ。

張又侠氏は席上、「中朝関係をさらに強固にし、立派に発展させるのは中国の終始一貫かつ確固不動の方針であると強調した」という。

一方、同代表団は同日、中国共産党中央委員会の宋濤対外連絡部長と会った。

    関連記事