【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は16日、北朝鮮が同日朝、東部・江原道から日本海に向け、飛翔体を2回発射したと明らかにした。北朝鮮は米韓合同軍事演習などに反発して、7月25日以降、短距離弾道ミサイルなどの発射を繰り返しており、今回で6回目。

16日朝には、北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会が報道官談話を発表し、韓国の文在寅大統領が15日の演説で南北対話や協力を訴えたことを批判していた。

…続きを読む

    関連記事