北朝鮮外務省の報道官は6日、米韓合同軍事演習が前日から開始されたことを受けて談話を発表し、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の再開を示唆しながら「(米韓に)疲弊するほどの代価を払わせる」と警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「南北平和経済で日本に追いつく」文在寅発言を北がミサイルで撃破

報道官は談話で、最近の米韓軍事協力や韓国軍の新鋭兵器導入などの動向に言及。「諸般の事実は、米国と南朝鮮当局が朝米、北南関係の改善を公約した共同声明を履行する政治的意志を全く持っておらず、われわれを引き続き敵と見なすという立場には変わりがないことを立証している」と指摘した。

さらに「合同軍事演習が朝米、北南関係の進展を阻み、われわれがすでに取った重大措置を再考する方向に進ませかねないということについて警告したのは一度や二度ではない。一方は公約を投げ捨てても良く、われわれだけが公約を守らなければならないということはない」として、核実験やICBM発射の再開を示唆。

また、「対話で問題を解決しようとするわれわれの立場には変わりがない」としながらも、「米国と南朝鮮当局がわれわれの重なる警告を無関心に対して僥倖(ぎょうこう)を願うなら、われわれは彼らが疲弊するほど高価な代償を払わせるであろう」と強調した。

    関連記事