人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

これは、「イージス・アショア」配備に関連して日本当局が掲げている「防衛」名分が通じないということを示している。

事実上、「イージス・アショア」が「防衛」のためのものだということは自国の軍事大国化野望を覆い隠すためのベールにすぎない。

今、日本「自衛隊」の膨大な武力は「専守防衛」の束縛から完全に脱した。

このように、攻撃用武装装備で十分に武装した日本がもう一つの先端攻撃武器システムである「イージス・アショア」を配備しようとするのは結局、日本が戦場に飛び込もうとしているという明確な証拠である。

日本の当局者らは、軍事大国化、海外侵略で得るのは滅亡のみだということをはっきり認識し、国民の要求に耳を傾けるべきである。---

    関連記事