人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 日本当局者らが軍事大国化、海外侵略で得るのは滅亡のみ

【平壌7月21日発朝鮮中央通信】先日、NHK放送プロに出演した現日本執権者は「イージス・アショア」配備計画に関連して秋田と山口の両県を配備候補地にすべきだと述べ、この点に関する政府方針を見直す考えはないということを強調した。

21日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、「イージス・アショア」配備計画は日本の国民、特に配備地に論議されている秋田県と山口県の住民の間で強力な反発を呼び起こしている敏感な問題であると明らかにした。

また、日本の執権者が「イージス・アショア」配備計画を変更させないと公言した理由について、日本当局は日本全体を「防衛」するためだとけん伝しているとし、次のように暴いた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

日本の周辺情勢を見ても、「イージス・アショア」配備を強行推進しなければならない何の理由もない。

日本の内外でも、周辺情勢が緩和している状況で巨額の資金を蕩尽して「イージス・アショア」を配備する必要があるかという疑問が強く提起されている。

    関連記事