論評の全文は次のとおり。

過去清算の運命から絶対に逃れられない 朝鮮中央通信社論評

【平壌7月16日発朝鮮中央通信】先日、日本の埼玉県で日帝の「七・七事変」挑発82周年に際して複数の市民団体の集会が行われた。

集会で参加者は、日帝の過去犯罪を弾劾しながら、現政府が侵略史を正しく認識し、それについて誠実に反省することを求めた。

これは、歳月がいくら流れても軍国主義の日本の侵略蛮行に対する人々の呪いと憎悪の念は絶対に消すことができないということを示している。

日本が20世紀に働いた歯ぎしりする犯罪は、その残忍性と暴悪さ、不法非道さにおいて類例のないものであった。

1937年7月7日に「盧溝橋事件」をつくり上げて全面的な中国侵略戦争を挑発した日本はおよそ3000日間、中国の地を血の海に浸し、殺りくと略奪、放火など、あらゆる野獣じみた蛮行をはばかることなく働いた。

    関連記事